4.HARLEY DAVIDSON

リグニスが得意とする「直輸入EVOハーレー」の話題を中心に、車両情報をご案内します。

2017年7月29日 (土)

FXDS-C FXDWG 入荷!!

今まで、ゼロエンジニアリング山陰様にて展示、販売させて頂いていました、FXDS-C ダイナコンバーチブルとFXDWG ダイナワイドグライドがリグニス愛知へと戻ってきました。

Dsc07817_2まずはFXDS-C ダイナ コンバーチブル。

滅多に見かけないFXDS-C 純正状態では左右にサドルバッグが装着され(ワンタッチで取り外し可能)ツアラー的なイメージのFXDS-C。

Dsc07831_2
FXD ダイナ スーパーグライドと同じネック角 28°
立ったキャスター角はスポーティなーハンドリングでクイックです。 ツアラー的なイメージとは裏腹にそんなスポーティーな一面をもつダイナらしい1台です。
Dsc07844
メーターの配列は国産ネイキッドのような配列。
視認性も良く、針の動きが視界にも入るので、やる気にさせてくれるメーター周り。
ハーレーらしいニクイ演出です。






Dsc07850
マフラーはスタンダードとなりますが、EVO時代はまだ規制も緩く、純正であっても歯切れの良いサウンドとなっています。
カスタムされている車両がほとんどの為、純正マフラー装着車は結構貴重です。
希少なFXDS-C お早めに!

詳しくは↓
GooBike
続いては

Dsc07865
コアなファンを持つ、チョッパーライクなダイナ。
FXDWG ダイナ ワイドグライド。

Dsc07879_2
スポーティーなイメージのダイナシリーズですが、こちらはそんなダイナの中でもチョッパー的シルエットのダイナ。

長く伸びたフロントフォークにボブフェンダーはFXSTCを彷彿させるダイナです。
Dsc07869純正でこのフレイムス。

かっこよすぎです。

このフレイムスが好きでワイドグライドを選ぶ方もいるくらい。

レッドにゴールドのフレイムスは反則でしょ・・・





EVO ワイドグライドは数も少なめです。
こちらもぜひ!!

詳しくは↓
GooBike

|

2017年7月14日 (金)

快適スポーツスター!

快適性

求めるところは人それぞれ。
走行風を低減させるフェアリングを装着してみたり、クラッチを軽くしてみたり。

ハーレーのような大柄なアメリカンに向けて設計されたオートバイはどうしてもポジションが合わない。
いろいろな不安や不満がでてくるかと思います。

中でも「足つき性」はかなり重要なんじゃないでしょうか?

足つきが悪いとおせじにも「軽い」なんていえないハーレーは取り回しだったり、停車する際にかなり恐怖を感じると思います。

そんな不安を解消してくれるモデル。

Dsc07557_2
2007 XL1200L スポーツスターロー
2006年にデビューし、ローダウンサス、ローシートが標準装備されたモデル。
コンパクトな車格、1200ccという排気量で誰にでも扱いやすいハーレー。

Dsc07551_2
ローシート、ローダウンサスにより、足つき性はかなり向上!

小柄な方や、女性の方でも不安なく乗れる仕様になっています。







Dsc07554

ローダウンサス、ローシートとなると乗った感じはなんだか「硬い」イメージ。

ですが、不思議と長距離はしってもお尻が痛くなりにくい。

メーカー純正だからこそできる「ワザ」なのかもしれません。



Dsc07547
フューエルタンクは17Lと航続距離も向上しています。 ロングライドも可能!

ポジションはゆったり目で楽な姿勢で乗れますよ!

Dsc07553

万が一の時も安心のエンジンガード。
付いていて損が無いパーツ。

倒しちゃったときもエンジンガードが支えになって、起すときも状態よりも楽に起すことが可能です。





Dsc07555


マフラーは定番のスラッシュカット。

スリップオンタイプです。もちろん、純正もありますので、ご安心を・・・・






Dsc07545
老若男女問わず扱いやすく、気軽に乗れるハーレー XL1200L

詳しくは

当店ホームページ

又は
Goobike よりじゃんじゃんお問い合わせください!!












|

2017年7月11日 (火)

リフレッシュ作業済み!FXSTC

FXSTC ソフテイルカスタム
未だ人気の衰えないモデルの一つです。
長いフロントフォークに21インチホイール、ボブフェンダーなどチョッパーライクなFXSTC。

Dsc07442
当店ストック車両 1998年式 FXSTCソフテイルカスタム 定番であり、最も人気のブラック!
エンジンフルオーバーホール済みです!


Dsc07451
今見るとなんだか野暮ったさを感じますが、「ダサかっこいい」それがいいんです!!

ほぼノーマルルックを維持している車両なので、ここから自分好みにカスタムってのもアリですよ!






Dsc07446

1340cc エボ リフレッシュ済みとなるエンジンは20年前のモノと思えないくらいの輝きとメッキのコンディション。こういった所も直輸入車の魅力です。
リフレッシュ済みなので、もちろん「慣らし」が必要なので、またイチから育てていく感じが良いですね!

Dsc07450


ちょいと野暮ったいシートですが、座り心地は結構イイんです。

シッシーバーと合わせこの時代っぽくてこれはこれでイイ雰囲気だしてます!




Dsc07447
マフラーはノーマルエキパイに純正オプションのスラッシュカット!
定番のカタチで歯切れの良いサウンド!

Dsc07451_2


エンジンフルオーバーホールほか各部リフレッシュ作業済みのFXSTC

人気車両につきお早めに!!!







|

2017年7月 9日 (日)

入荷情報と素敵なゲストと

蝉が鳴き始めた愛知です。
本格的に夏!気温もぐんぐん上昇し、バイク乗りにはキツイ季節・・・・

こんな暑い季節はリグニスで涼んでいってください。


ってことで、まずは入荷情報!

Dsc06931
2012 FXDL ダイナ ローライダー!
TC96 EFI 1584cc搭載モデルです!  TC96の強大なパワー感とラバーマウントによるアイドリング時のバイブレーションが魅力!

Dsc06952


カラーリングは特徴的なブラック×ブルー。

圧倒的にブラックの数が多いなか、このブルーってのが逆に新鮮でなかなか被らないカラーリングです。

アメリカンなセンス。なんだかジーンズが似合うカラーリングです。



Dsc07031
ほぼほぼノーマル状態。TC96は排ガス規制の兼ね合いでノーマルマフラーは車検時には必須!!
ちゃんとノーマルマフラーが装着されていて安心。
カスタムベースにも最適な1台でっせ!


RタイヤもEVOと比べ、だいぶ太くなっております。



Dsc07023


FフォークはEVOと比べ、かなり太くなっております。

TC96のパワーを受け止めるには十分な剛性を確保。なにより見た目もマッシブな感じになっておりマッスル!

走り重視な方はスプリング変えてもいいかも・・・

Dsc06951

2012 FXDL ダイナ ローライダー 
詳しくはGoobikeまで

そして、そして!

リグニスに素敵なゲスト!

Kimg0735
バイク乗りにはおなじみの雑誌「オートバイ」さんが取材がありました!

PLOTの新しいデモ車、MT-09 CB1300SF
そして、
Kimg0734
ZDC-80Bコンプリートカスタムハーレー!

バイク、モータースポーツ女子のタレント 梅本まどかさん に跨っていただきました。

ご自身もCB400SFに乗り。取材当日はバイクで来る!という超バイク好きな方。


ロードホッパーにも
Kimg0736

8/1(火)発売の「オートバイ」に掲載していただく予定です!!

皆さん買ってね!










|

2017年6月30日 (金)

スプリンガー販売予定デス!

梅雨のヤル気が感じられない微妙な天候。
降るならガッツリ降ってほしい、晴れるならガッツリ晴れてほしい。

リグニスは色々とヤル気まんまんデス!

Dsc06812
おまっとさんでした。 FXSTS スプリンガーソフテイル
販売予定車両デス。 現在、販売に向けてヤル気まんまんで整備、磨き中!!

Dsc06819
言わんでも分かるわ!と言われそうですが、希少なスプリンガーモデル!

年々タマ数減少となってきているFXスプリンガー。
まだまだ人気です。






Dsc06823

1998年モデル
このエンブレム、カッコイイでしょ?

濃い目のブルーにゴールドのイーグル。

この辺はやっぱりアメ車独特のセンス!






Dsc06818

走行23,210mile km換算37,136km
17,000mile時に当店でエンジンフルO/H済み!O/H後10,000km程走行なので、まだまだこれから!!

Dsc06815カスタムもボチボチされております。
エキゾーストは定番のVANCE&HINES
ストレートショット!

シンプルな形状、豪快なサウンド!

全長は短めでスッキリとした印象です。






Dsc06816ポジション変更もされております。

そこそこ高い、そこそこ広いの日本人にも合う程よいポジション!

ゆったりと乗れますよ!







Dsc06820
ステップはミッドステップに! 純正ではフォーワードコントロールで正直遠い、ツライ・・・
ですが、ミッドステップなら自然なポジション!ハンドルと合わせ、リラックスしたスタイルで長距離も疲れません。

Dsc06825


FXSTSスプリンガーソフテイル 国内登録済み中古車 

価格等はお問い合わせください! 早いもの勝ちです!!
















|

2017年6月15日 (木)

最終!

どうも、ごきげんよう。

おまっとさんでしたの、入荷情報デス!

Dsc06084_2


FLSTC ヘリテイジクラシック
ハーレー定番モデルのFLSTC 現在でも販売され続けている人気モデルです。

大型のウインドスクリーンや、サドルバッグが標準装備!


Dsc06068
今回入荷したFLSTCは貴重な1999年モデル!
EVO最終です。
少しメタリックの入った濃い目のブルーが基調のカラーリング。
地味すぎず、派手すぎず、絶妙な配色が最高にカッコイイ!





Dsc06069ほぼオリジナルの外観を留めており、コンディションも良好!
エキゾーストは定番のVANCE&HINESにカスタム済み!

歯切れの良いサウンドとなっています。
スタイルも定番のストレートショット!








Dsc06090


Dsc06091

サドルバッグは少しヤレていますが、年式を考えると良い感じのエイジング具合じゃないでしょうか?歴史を感じさせるヤレ具合がイイですね!

Dsc06072


当店でも数多くのFLSTCを入荷してきましたが、最終モデルが見つかるのは本当に稀。
今やアメリカにも良い個体がほぼ見つからない状態・・・・

入手困難デス・・・





お探しの方はお早めに!!!






|

2017年5月30日 (火)

黒い奴

先日出展させて頂きました、NAVI CAFE MEET 2017

ZDC-80BやROAD HOPPERを展示させて頂き、多くの方に見てもらうことができました。

ZDC-80Bはテストランもでき、好評でしたが、それ以上に注目されたのが

Dsc05720

ZDC-80B BLACK EDITION

実は私がNAVI CAFE MEETに出発するギリギリに間に合ったブラックエディション。

BLACKの名の通り、通常のZDC-80Bとは違い、各部ブラックアウトされているのが特徴。

ベースとなったのが、

Dsc00070
1999 FXSTB ナイトトレイン。

EVOナイトトレインは約2年間しか生産されていない、超希少車!
そんなナイトトレインを贅沢にもベースとして使用しました。

2000年からはTCエンジンとなって継続。





Dsc05724
ナイトトレインの最大の特徴でもある、ブラックアウトされたエンジン周り。ヘッドカバー、カムカバー、オイルタンクにいたるまでリンクルブラックに塗装され、激シブな外観となっています。

Dsc05729

プライマリー側もこの通り!スカルパーツが多数取り付けられていますが、ベース車のナイトトレインに最初から取付けられていたアクセサリーパーツです。

ナイトトレインの雰囲気にマッチしているので、そのまま残しました。

もちろん好みのパーツにチェンジ!もできますので、ご相談ください。

Dsc05723



タンクはあえてシンプルに。ブラスのフットペグに合わせるようにゴールドのハーレーロゴを。
主張しすぎないデザインにしてみました。






Dsc05738


車体に合わせ、ホイールリムもブラックに。
ブラックにすることで、よりクラシカルに。

足回りも引き締まり、メッキリムとはまた違った印象になります。
ブレーキはブレンボ2POT
ストッピングパワーも十分です。




2POTで大丈夫?って声が聞こえてきそうですが、フォークはスプリンガーというクラシカルな構成。 もともとハードで、4POTなどにしてしまうとフォークが負けてしまったりという弊害が出てきてしまいます。そんな事から2POTでも十分!実際乗ると、結構効くんですよ。

Dsc05741

通常のZDCと比較! どうです?カラーリングだけでもかなり印象が違うとおもいます。
Dsc05745
ワルな雰囲気とクラシカルな雰囲気プンプンなブラックエディション。

ベースが希少車ということもあり、次回生産未定。
現在、1台のみとなりますので、お早めに!!












|

2017年5月 5日 (金)

FXR2パープル入荷

GWも今日で折り返し
みなさんそれぞれのGWを楽しんでいますでしょうか?

さてさて、そんなGWの入荷情報!!

Dsc04524
FXR-2
CVOの先駆けとも言われるファクトリーカスタムのスペシャルなハーレー。
その数の少なさから希少価値の高い1台となっています。

Dsc04527


このカラーが純正色。
写真ではブルーが強くなっていますが、実際の色調はパープルに近いカラーリング。

カスタムペイントのようなカラーリングもファクトリーカスタムならでは。
ピンスト風のロゴマークも最高にカッコイイ。




当車両は当店で販売したもの買い取りさせて頂いた車両になります。
国内「登録済みです。

カスタムも豪華パーツ多数。Dsc04531
80本スポークホイール (通常の倍)
スポークの数が増えたことでよりカスタム感のでた足回り。 FXRのカスタムライクなスタイリングにはピッタリのホイール。


Dsc04530_2

ブレーキキャリパーはPerformance Machine製に変更。
制動力UPと共に見た目もカッコイイ。

キャリパー変更に伴いフロントフォークスプリングも変更。
ハードブレーキングでもしっかりと粘ってくれるので安心してブレーキングできます。




Dsc04534


フロントもPerformance Machineならば、りあもPerformance Machineへ

なにかとリアブレーキを使用するシーンの多いハーレー。制動力はもちろん、コントロール性も向上。





Dsc04537
エキゾーストは定番のVANCE&HINES ストレートショット。
歯切れの良いサウンド。シンプルな構成で非常に人気の高いモデル。

Dsc04535


リアショックはプログレッシブ。
サス全長は純正と同等のサイズ。

自由長は短いもののしっかりと粘ってくれるサスペンションです。
クロームボディも車体とマッチしていますね。




Dsc04538
カスタム多数のFXR2 ここまでカスタムされたFXR2はなかなか入荷しませんので、お早めに。
1999年モデル

19,280mile キロ換算30,850km

¥1,630,000


















|

2017年4月30日 (日)

FLSTC 入荷

FLSTC ヘリテイジ クラシック
当店でも抜群の人気を誇るFLSTC その迫力ある王道スタイルは誰もが一目でHARLEY-DAVIDSONと分かるスタイリング。

Dsc04456
1998年モデル。 クラシカルで飽きがこないグレーとブラックのカラーリングです。

Dsc04459
ブラックに次いで毎回入荷して早々にSOLD OUTとなることが多いこのカラーリング。

派手さはありませんが、クラシックスタイルのFLSTCにはマッチするカラーリング。

他の人と被りそうで被らないカラーです。






Dsc04462
1340cc エボリューション搭載。
大きなオイル滲みや異音など無く、メッキの状態も良好です。

エアクリーナーとタイマーカバーには誇らしげなイーグル。
定番のアクセサリーパーツながらもやっぱりカッコイイんですコレが!




Dsc04468
左右の大型サドルバッグは一泊ツーリングぐらいならこなせる、まさにロングライドを前提として作られたモデル。


Dsc04460
本来であれば、キングサイズのスクリーンが標準装備となりますが、コチラの車両は取り外しされています。
スッキリと軽快なイメージもいいんじゃないでしょうか?

ナイトランも安心のフォグランプも標準装備。





Dsc04461
エキゾーストは純正エキパイにH-D純正オプションサイレンサー。
テーパー形状のサイレンサーは歯切れの良いサウンド。 焼け色の表情は一点モノ。コレもまたアジでしょう。

Dsc04467
前後16インチ 迫力あるスタイルと同時に直進安定性もバツグン。

ホワイトウォールは気分を盛り上げてくれます。








Dsc04469
1998 FLSTC ヘリテイジ クラシック 詳しくは↓
GooBike













|

2017年4月29日 (土)

2017年モデル ロードホッパーTYPE5入荷!

今日からゴールデンウィーク!9連休という方もいるようで、羨ましい限りです。
ツーリングや旅行など事故などないようにお気をつけください!

リグニスはGWは休まず営業しております。
普段遠くてなかなか来れないってかたは旅行ついでに是非ご来店ください。


ということで、入荷情報!




ROAD HOPPER TYPE5 EVO 2017年モデル入荷しました!
Dsc04145
Dsc04134


S&S EVOを搭載
各部にアルミ材を使用し、信頼性、耐久性を向上。
独自のフィーリングが特徴でV-TWINらしいテイストは走っていて本当に楽しいエンジンです。





Dsc04137


現行モデルでありながら、キャブレター仕様。
キャブはミクニHSR。
独自のECMを搭載し、キャブレターのフィーリングを損なわず、現代の厳しい規制をクリア!






Dsc04133


カラーリングは今までに無いアグレッシブなカラーリング。ピンスト風のロゴがビンテージテイストを引き立てます。

Dsc04167

オープンプライマリー仕様 乾式クラッチ独特の音が気分を盛り上げてくれます。
出荷時はカバーが取付られていますが、取外すことも可能です。

Dsc04152


2017 ロードホッパー TYPE5 EVO ¥2,862,000(税込)

詳しくは↓
GooBike
















|

より以前の記事一覧