4.HARLEY DAVIDSON

リグニスが得意とする「直輸入EVOハーレー」の話題を中心に、車両情報をご案内します。

2018年2月23日 (金)

EVOハーレー FXDL TwinTecチューニングテストラン!

今日は少し暖かかったですねー。
先日取付しました、「TwinTecモジュール」のテストランレポートで~す。

Twin Tecモジュールにてチューニングした、EVOハーレー1998ダイナローライダーの加速時(1速~4速まで)のタコメーターをデジカメで撮影した動画をご覧下さい。

ノーマルに比べて鋭い加速がタコメーターを見るとよくわかります。
1,000rpm~4,500rpmまでストレス無く廻ります。すごく気持ちいいです。
ハーレーEVOエンジンとは思えない加速です。これはチューニングして良かった。
マックス4,500rpmまで廻ってますが、レブリミット5,000rpmでセットしましたのでもっと廻りますが・・・。そこまで廻しきれませんでした。
Img_0083
Img_0010
ご興味のある方はリグニスまでご連絡お願い致します。

|

2018年2月18日 (日)

Twin Tec 取付ました!

こんにちは。

ついに、自分のFXDLダイナローライダーに「TwinTec」を取り付けました。
自分用のエアクリとマフラーにセッティングされたツインテックモジュールとイグニッションコイルのセットです。
45ディグリー様に無理を言って、低速安定性と同時に高回転まで気持ちよく廻るマッピングをインストール!
今まで低回転重視だと高回転が廻らないといった不満を解消した優れたモジュール。
乗るのが楽しみです!!
Img_0010
Img_0022 Img_0029
↓こちらが純正のモジュールを外したとこです。
Img_0054
Img_0060 Img_0061
純正のコンピューターを外します。
Img_0063 Img_0066
Img_0068 Img_0069
点火コイルも交換します。
プラグコードもTwinTec製の専用品に交換します。(セットに付属してます)
Img_0072 Img_0074_3
ツインテックモジュールを取り付けます。
Img_0084
キャブセッティングも施し作業完了しました。
テストランのレポートは後ほど掲載いたしますのでお楽しみに!

|

2018年2月12日 (月)

待望のFXDLローライダー入荷します!

皆様お待ちかねのFXDLローライダーが入荷します!

3月中旬入荷予定です。
FLSTSとFXSTSの写真も追加しましたのでご覧下さい。
Fullsizerender14
Img_3020
Img_3028 Img_3029
Img_3032
Img_3033 Img_3030
Img_3037 Img_3038
装備品は写真と若干変更になる可能性が御座いますのでご了承願います。

|

2018年2月10日 (土)

27Rブレーキパッド!

こんにちは

今日は昼から雨・・・お客さん来ません・・・。
先日取付しました「45Degreeさんの27Rナチュラルブレーキパッド」のレポートをご紹介します。
Img_0012 Img_0102
交換直後はパッドとローターに馴染みが出ていない為、一般的に若干制動力が低下するんですが、自分が感じたのは交換直後から「効き」は良かったです。
「コントロール性」も良くブレーキレバーを握れば握るほどジワ~と効いてくる感じで、非常に扱いやすく、効くな~て感じです。
もう少し馴染んだらもっと効きがよくなるじゃないかと思うとワクワクします。
もともとHD純正パッドが付いていましたので、余計に効く感じがするんでしょうけど・・・。
これが、他の効きの良いパッドから交換だと自分も他のパッドは取り付けた経験が無いのでわかりません。
このパッドは今まで悩んでいたブレーキが効かない自分の悩みを見事に解消してくれました。
これなら自信を持って皆様にお勧め出来ます。
ご興味のある方はご連絡下さい。
EVOフロント用とツインカム00~07フロント&リア用を発注しましたので、近日中に入荷予定です。

|

2018年2月 6日 (火)

ダイナ クラブスタイル完成!

毎日寒いですね~。
FXDS-CON ダイナコンバーチブルをクラブスタイルにカスタム!
ハーレー純正カウル装備!
価格は¥1,680,000です。
カスタム前はこんな感じでした。↓
Dsc01244
Dsc01248
ハーレー純正カウルを取付↓
Dsc01259
Dsc01263_2
完成車はこちら↓
Img_0230
Img_0210
Img_0214 Img_0225
シートは「イージーライダース」です。
GooBikeリグニスHP にも掲載してます
ご興味のある方はリグニス愛知までご連絡ください。
 

|

2018年2月 2日 (金)

EVOブレーキパッド!

こんにちは。
今日は寒波も少しだけおさまり、いつも極寒の西三河車検場は風も無く穏やかで車も少なくて楽でした。

自分が乗ってる1998 FXDLローライダーのフロントブレーキのききが悪いと以前から思っていました。EVOのブレーキだからこんなもんかな~と思っていましたが・・・・。

45Degreeさんからご紹介のあった「27R ナチュラルブレーキパッド」に交換してみることにしました。

このブレーキパッドの特徴として

1、高いコントロール性

2、ブレーキの鳴きの殆どでない静かな制動

3、ブレーキダストが少なくクリーン

4、ブレーキの馴染み

5、ローターアタックの少ない性能

このような特徴がありロングライフ性能の兼ね備えたブレーキパッドです。

Img_0012
EVO純正フロントキャリパー専用「NBP004」

¥5,880+TAX
Img_0021
リアキャリパー用は開発中です。


Img_0043
早速キャリパーを分解しパッド交換します。

Img_0045Img_0046

Img_0048Img_0049
パッドの面取りをします。

Img_0051
パッド合わせ面の白くなってる部分が面取りした部分です。

Img_0052
ブレーキプロテクターを塗り組みます。
Img_0053

パッド組付後の写真がこちらです。↓
Img_0102Img_0100
赤いパッドがいかにも交換しましたって感じでいいですね~。

Img_0103

Img_0105

最近、決算棚卸で忙しくまだ試乗してませんが、今度の土日で試乗してレポートをご紹介いたしますので、乞うご期待!

 

「27R ナチュラルブレーキパッド」について詳しくはこちらを↓

http://www.45degree.net/Brakepad/27R.html

次は「Twin Tec」でも・・・。

 

|

2018年1月21日 (日)

オーバーホール済み車両ぞくぞく完成!

今日まで暖かいみたいです。
皆さんバイク乗るのは今日までですよ~。
明日からは雨~雪に変わるみたいです。火曜日、水曜日は雪かも・・・・。

当店自慢のエンジンフルオーバーホール済み車両がぞくぞくと完成していますので、ご紹介します。
Dsc01360


Dsc01361


Dsc01362


Dsc01363


Dsc01366


FLSTC ヘリテイジクラシックが2台完成しました。
近日中に当店ホームページとGooBikeに掲載しますのでお楽しみに・・・。

ブログを見て欲しくなった方はお早めにお電話ください。

TEL 0566-36-3737 リグニスまで

|

2017年12月12日 (火)

厳選ストック車両ご紹介。

現在当店のハーレー ストック車両は20台以上ありますが、正直どれを選んで良いか、迷われる方もいらっしゃると思います。

数多くのストック車両の中でも当店おススメの車両をご紹介。

Dsc00504
1995 FLSTC ヘリテイジクラシック

Dsc00496
ベースカラーがブラックとなる、人気の高いカラーリング。
96以降のEVOとは違い、少しレトロなカラーリングが魅力。

レッドとオレンジのラインがアメリカらしいセンスでクラシカルなヘリテイジにマッチするカラーリング。





Dsc00500_2
96以降のEVOとちがい、ODOメーターは液晶ではなく、アナログ。

自身でつまみを捻り、ODOをリセットするタイプ。
走りだす前につまみをひねり、ODOをリセット。旧車らしい、儀式。
これもまた、アジなのではないでしょうか?
私はODOを回すときの独特のクリック感が好きです。

Dsc00510
1340cc EVO 1995年式 20年以上経過しているエンジンでコンディションやメンテナンスをご心配される方が多いと思いますが、当車両はエンジンはフルオーバーホール済み。
慣らしも必要なので、イチからエンジンを育てていってください。

Dsc00498
マフラーは当時のハーレー純正アクセサリー スラッシュカットサイレンサーを装着。
スラッシュカット独特の歯切れの良いサウンド。
Dsc00509
ほぼストック状態。 当店が自信を持ってお勧めするヘリテイジクラシック。
オートバイオフシーズンの為、SALE価格となっています。

オンシーズンまでに慣らしを終わらせ、未だ見ぬ土地へとツーリングというのもいかがでしょうか?

















|

2017年12月10日 (日)

コンプリートカスタムマシン

Motorcycle Renovation ハーレー中古車の新しいカタチとしてSTARTした当社コンプリートカスタムハーレーZDC-80B
その流れを汲む当店オリジナルコンプリートカスタムマシンを2台後紹介いたします。

Dsc00452
基本構成はビンテージスタイルのZDC-80Bながらも当店オリジナルのパーツチョイスをし、さらにプレミアムなマシンに仕立てたカスタムハーレー。
Dsc00482

リアには180のワイドタイヤ。 それに伴いチェーンドライブ化
EVOとは思えない迫力のリアビューとなっています。

Dsc00469
ワイドタイヤを強調すべく、ショートリアフェンダーに。
まるでタイヤに乗っているようなスタイリングになります。 

Dsc00480

そしてもう一台は
Dsc00399
まず目に入るであろう、特徴的な前後のホイール。 基本構成は同じながらもホイールが違うだけで少し違ったテイストに見えてしまいます。
Dsc00411

美しいコントラストカット。

まるで芸術品のようなホイールはパフォーマンスマシン製
ハイテック系なイメージがありますが、ビンテージテイストのマシンにもマッチしていると思います。




Dsc00416

こちらも180サイズのタイヤを履く。
ホイールに合わせスプロケットもパフォーマンスマシン。

よりダイレクトに駆動が伝わるチェーンドライブへと変更。





Dsc00423
2台共にお好みのカラーでカラーリング致します。(ソリッドのみ) 

Dsc00407

2台とも当店にてエンジンフルO/H済み。
イチからEVOハーレーを育ててください。





是非当店にて実車をご覧ください。

詳細はお気軽にお問い合わせください。









|

2017年12月 9日 (土)

歴史詰まったFXDWG

FXソフテイルのようなシルエットが良いけど、ダイナの乗り心地が欲しい。
そんなユーザーがいたかどうか解らないが、そう思った人は少なからずいると思います。

FXソフテイルのチョッパーライクなシルエットとダイナの乗り心地が融合したモデル。

Dsc00371_2
FXDWG ダイナ ワイドグライド。
未だ根強い人気を誇るダイナシリーズの中でも異色な存在。

当店にて販売、その後メンテナンスもすべて当店で作業させて頂いた車両ですが、驚くべきは走行距離。
Dsc00375
69,066mile km換算 110,560km
長い間、前オーナーと走り続けてきた様々な歴史が詰まった一台。
歴史を感じると共に11万キロという距離を普通に走り続けれるハーレーのタフさにも驚きます。

Dsc00373
再び新しいオーナーと歴史を刻んで頂く為にエンジンはフルオーバーホール。
ミッションまで分解、整備し入念に整備致しました。

当店が自信を持って作業をさせていただく、エンジンO/Hメニューはコチラをご覧ください。
Dsc00378
外装類はこの年式、距離とは思えないコンディションの良さ。

前オーナーがいかに大切にしていたかが伝わってきます。






Dsc00374

ほぼオリジナルコンディション。
サイレンサーはハーレー純正アクセサリーのスラッシュカットタイプへと交換されています。
スラッシュカット独特の歯切れの良い音。

Dsc00388
当店が自信を持ってお勧めするFXDWG ダイナワイドグライド。

詳しくはグーバイクをご覧ください。












|

より以前の記事一覧