« kawasaki Z900RS新車入荷! | トップページ | FLSTN販売開始! »

2018年10月28日 (日)

ガラスコート「DURO」施工工程

DURO施工順序

①洗車
流水で中性洗剤を使用して汚れを洗い流して、施
部位を綺麗な状態にしてください。
②乾燥
柔らかいウエス等で水分を完全に拭き取ってください。
※水分が残っている部位には本製品の施工はできません。
③脱脂
本製品付属の「①脱脂剤」を専用クロスに付け施工部位を丁寧に拭いて油分をしっかりと取り除きます。
Img_2143
Img_2145  Img_2146
Img_2153  Img_2156
※油分が付着している状態では、コーティングの乗り(密着性)が悪くなります。
また、ヘルメットにコーティングをする際、ペイント・柄等がある場合には、脱脂の段階で
剥がれてしまう事がありますので,必ず事前にパッチテストを行ってください。
④コーティング
塗り込み完了後に、拭き上げ専用クロスで丁寧に拭き上げます。
Img_2160
Img_2161  Img_2162
Img_2164  Img_2166
Img_2169
Img_2168
Img_2171  Img_2173
Img_2176  Img_2177
※DUROは伸びが良いので、液剤の付け過ぎに気を付けてください。※スポンジで塗り込んだ後で放置しないでください。
そのまま硬化してしまいます。
※拭き上げ時は、拭き残し等がないようにしてください。

|

« kawasaki Z900RS新車入荷! | トップページ | FLSTN販売開始! »