« 2017年3月26日 | トップページ | 2017年4月3日 »

2017年3月31日

2017年3月31日 (金)

コンパクトジャンプスターター

こんばんは
今日は雨で来店されるお客様もまばらでした。
今日が雨になったので土日は晴れるみたいですね。
バイクでのご来店お待ちしています。
日曜日は混雑しますので、ピット作業ご希望の方は一度電話で確認をしてからお越しいただくとありがたいです。宜しくお願い致します。
最近、自分のハーレーFXDLのバッテリーが弱くなってきましたので、こんな商品を購入しようかと考えています。
「コンパクトジャンプスターター」です。
サドルバックにも収納できるジャンプスターターですので、ツーリングの出先でもバッテリー上がりも心配なし、これがあれば大丈夫です。
最近ではいろんな商品が出てますが、ハーレーの場合容量が大きくないと、セルモーターを回してくれませんので、コンパクトだけど少し大きめサイズがいいと思います。
パワフルなジャンプスターター:
  • ジャンプスターターはピック電流600Aのジャンピング電流と15000mAhの大容量があるので、フル充電で、6.0Lガソリン車と3.5Lディーゼル車(12V)を30回連続でエンジン始動ができます。

LED付き、LCDディスプレイ表示
  • LCDディスプレイ表示なので、バッテリーの電量を簡単に把握できます。また、3モードのLEDライトが付きます。日常点灯、ストロボ点灯とSOSモールス信号点灯の3段階ライト機能を搭載します。
モバイルバッテリー:
  • コンパクトなのでモバイルバッテリーとして使用できます。12V/16V/19V のパソコン充電ポートが付き、iPhone/iPad/各社機種のスマホにも充電できて、ノートパソコン、タブレットなど電子機器に緊急充電できます。iPhone/iPad/各機種のデバイス二台同時にフルスピードで充電可能です
高品質:
  • 他の商品に比べて、ジャンプスターターはスマートな保護クリップを採用されて、ショート保護、逆接続保護、低電圧保護、高電圧保護、過充電保護で製品とカーバッテリーを保護します。
ジャンプスターターとしての使用方法:
  • ①LCDディスプレイをチェックして、バッテリー残量が60%以上あることを確認してください。
  • ②チャージャーのカバーを開けて、ジャンプケーブルを接続します。
  • ③カーバッテリーにジャンプケーブルをクリップで接続します。(赤がプラスで、黒がマイナスです。)
  • ④ジャンプケーブルのパイロットランプが緑色に点灯するまで待ち、車のエンジンをかけてください。
注意:
  • エンジンが始動したらすぐにクリップを本製品から外し、ケーブルのクランプをバッテリーから外します。
  • 必ず、子供の手の届かない場所に保管してください。
コレくらいの容量があれば大丈夫だと思います。
自分が購入して試したいと思っています。スマホの充電にも使えるので便利かな!
リグニス スタッフ

|

« 2017年3月26日 | トップページ | 2017年4月3日 »